メールマガジン無料

山崎拓巳のメールマガジン(無料)
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

▼PC版メルマガ
『月曜日が楽しくなる 山崎拓巳通信』
登録(PC用Emailを入力)
解除(PC用Emailを入力)

▼携帯版メルマガ
『拓中毒』
登録(携帯電話用Emailを入力)
解除(携帯電話用Emailを入力)

「まぐまぐ!」から発行しています。

プロフィール


山崎拓巳
Takumi Yamazaki

1965年三重県生まれ。
広島大学教育学部中退。
20歳で起業。22歳で「有限会社たく」を設立。
現在は多岐にわたる事業を同時進行に展開中。

現在までに40冊超、累計140万部のベストセラー作家。
主な著書に『やる気のスイッチ!』『人生のプロジェクト』『気くばりのツボ』『見えないチカラを味方につけるコツ』(サンクチュアリ出版)、『さりげなく人を動かす スゴイ!話し方』『お金のポケットが増える スゴイ!稼ぎ方』(かんき出版)。
日本のみならずアメリカ、香港、台湾、韓国、中国ほか、海外でも広く翻訳出版されている。

講演活動は、「凄いことはアッサリ起きる」-夢-実現プロデューサーとして、メンタルマネジメント、コミュニケーション術、リーダ ーシップ論など多ジャンルにわたり行っている。
又ベストセラーとなった『やる気のスイッチ!』を元に「やる気を出す方法についてもっと知りたい!」という方の為に、やる気のスイッチセミナーを開催し、多くのファシリテーターも生みだしている。
最近では、新刊のスゴイ!シリーズとして「スゴイ!話し方」「スゴイ!稼ぎ方」のセミナーや勉強会も頻繁に行なっている。

アーティストとしての活躍の場も拡がり、国内外にて絵画展、Tシャツやバッグなどの展開も。
映画出演(「少女椿」)、作詞家活動(ムッシュDとのコラボ)、飲食店経営(タクメン@NY)等、あらゆる可能性にチャレンジを続け、今後更なる活躍が期待出来る。



○総合情報
・パソコン公式サイト
・山崎拓巳ファンサイト
・携帯公式サイト
・公式ブログ
・中国語公式ブログ
・英語公式ブログ

○Twitter関連
・公式ツイッター
・最新情報

○Facebook
・山崎拓巳Facebook
・山崎拓巳Facebookファンサイト
・やる気のスイッチ

○メルマガ
・『月拓通信』
・携帯メルマガ『拓中毒』
・メルマガ『拓本』
・LINE@『山崎拓巳通信』

○その他
・ニューヨークでお泊まりするなら♪
・レストラン「タクメン」


「月曜日が楽しくなる山崎拓巳通信」「拓中毒」など無料メルマガも配信しています!

問い合わせ先:
taku-staff@taku.gr.jp


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

categories

Recent Entries

archives

mobile

qrcode

SUGOKOTO-タクモバイル


山崎拓巳のトーク番組「タクラジ」がポッド
キャストで楽しめます。登録はこちらから

2011.05.01 Sunday

2011/05/01  14:15 お葬式・・・

 
朝からの雨。
今日は従兄弟の「山崎圭紀」さんのお葬式。
53年間の人生に幕を引いた。

クリスマスに産まれたので「ケーキ」という意味で名が付いた。
知的で、音楽を楽しみ、ウイットにとんだ人だった。
会話には誰にも嫌味を感じさせないインテリジェンスがあり、
田舎なのに都会を醸し出す何かをいつもまとっていたのが圭紀兄ちゃんだった。

仕事も、生き方もまじめで、
最後の最後まで自分のスタイルを崩さず頑張った人だ。
そして、最後の最後まで自分の美学も通した人だった。

朝からの雨は昼になっても止もうとしない。
長女、次女の涙もずっと心に滴り、皆の気持を癒している。
ありがとう、圭紀兄ちゃん。(ちなみに、二人の娘達はとてもカワイイのです)

葬式のとき、いつも・・・
「どっかで本人はみているんだろうな〜」って思う。

ある人は・・・
「なんでボクの葬式なんかやってるの?なんで泣いているの?ボクはここにいるよっ」・・・となったりするであろう。

自分の存在がこんなカタチで
現実の世界から(物理世界から)無くなっていくことを、人は亡くなると呼ぶ。

行く者も、残される者もそれを受け入れるための時間が必要だ。
また、それを受け入れるための「儀式」も必要だ。
49日間という時間には深い意味があるんだろう。

ここまで書いたら、スゴイ睡魔に襲われている。
ボクの潜在意識はなにかを拒絶しているのか?