メールマガジン無料

山崎拓巳のメールマガジン(無料)
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

▼PC版メルマガ
『月曜日が楽しくなる 山崎拓巳通信』
登録(PC用Emailを入力)
解除(PC用Emailを入力)

▼携帯版メルマガ
『拓中毒』
登録(携帯電話用Emailを入力)
解除(携帯電話用Emailを入力)

「まぐまぐ!」から発行しています。

プロフィール


山崎拓巳
Takumi Yamazaki

1965年三重県生まれ。
広島大学教育学部中退。
20歳で起業。22歳で「有限会社たく」を設立。
現在は多岐にわたる事業を同時進行に展開中。

現在までに40冊超、累計140万部のベストセラー作家。
主な著書に『やる気のスイッチ!』『人生のプロジェクト』『気くばりのツボ』『見えないチカラを味方につけるコツ』(サンクチュアリ出版)、『さりげなく人を動かす スゴイ!話し方』『お金のポケットが増える スゴイ!稼ぎ方』(かんき出版)。
日本のみならずアメリカ、香港、台湾、韓国、中国ほか、海外でも広く翻訳出版されている。

講演活動は、「凄いことはアッサリ起きる」-夢-実現プロデューサーとして、メンタルマネジメント、コミュニケーション術、リーダ ーシップ論など多ジャンルにわたり行っている。
又ベストセラーとなった『やる気のスイッチ!』を元に「やる気を出す方法についてもっと知りたい!」という方の為に、やる気のスイッチセミナーを開催し、多くのファシリテーターも生みだしている。
最近では、新刊のスゴイ!シリーズとして「スゴイ!話し方」「スゴイ!稼ぎ方」のセミナーや勉強会も頻繁に行なっている。

アーティストとしての活躍の場も拡がり、国内外にて絵画展、Tシャツやバッグなどの展開も。
映画出演(「少女椿」)、作詞家活動(ムッシュDとのコラボ)、飲食店経営(タクメン@NY)等、あらゆる可能性にチャレンジを続け、今後更なる活躍が期待出来る。



○総合情報
・パソコン公式サイト
・山崎拓巳ファンサイト
・携帯公式サイト
・公式ブログ
・中国語公式ブログ
・英語公式ブログ

○Twitter関連
・公式ツイッター
・最新情報

○Facebook
・山崎拓巳Facebook
・山崎拓巳Facebookファンサイト
・やる気のスイッチ

○メルマガ
・『月拓通信』
・携帯メルマガ『拓中毒』
・メルマガ『拓本』
・LINE@『山崎拓巳通信』

○その他
・ニューヨークでお泊まりするなら♪
・レストラン「タクメン」


「月曜日が楽しくなる山崎拓巳通信」「拓中毒」など無料メルマガも配信しています!

問い合わせ先:
taku-staff@taku.gr.jp


S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

categories

Recent Entries

archives

mobile

qrcode

SUGOKOTO-タクモバイル


山崎拓巳のトーク番組「タクラジ」がポッド
キャストで楽しめます。登録はこちらから

2012.11.19 Monday

12月5日(水) 、竹田恒泰氏×前山亜杜武コラボレーション講演 「日本のスゴい人!」


凄セミナー!

ボクは同じ時間に企画があり、参加できない(> <|||)

ぜひ!誰かレポートを送って欲しいー! 山崎拓巳


↓↓↓


__________________________

山 拓巳様

いつもお世話になっております。
AT&BROTHERSの前山亜杜武です。

12月5日(水)に、竹田恒泰氏×前山亜杜武コラボレーション講演
「日本のスゴい人!」を開催させていただくことになりました。

作家・慶應義塾大学講師であり、
日本を学ぶ勉強会「竹田研究会」主宰の竹田恒泰先生には、
『天皇の経営論』と題し、2000年以上125代に渡って
国家という事業を継承し続けている天皇家の秘密を、
会社経営に見立ててお話いただきます。

また私は、無料メールマガジン「日刊スゴい人!」編集長として、
これまでに取材した700名以上のスゴい人の統計から導きだした
スゴイ人に共通する3つの法則を、
取材エピソードを交えながらお伝え致します。

この日限りの特別セミナーです。
お誘い合わせの上ご参加いただけましたら幸いです。

【日程】2012年12月05日(水)
【時間】19時00分〜21時00分
【会場】東京都 中野ZERO 小ホール
【会費】3,000円

詳細はこちらです。
http://www.facebook.com/events/461176953923746/

お申込みはこちらです。
http://www.seminars.jp/user/seminar_d.php?sCD=73767&iv=sugoihito