メールマガジン無料

山崎拓巳のメールマガジン(無料)
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

▼PC版メルマガ
『月曜日が楽しくなる 山崎拓巳通信』
登録(PC用Emailを入力)
解除(PC用Emailを入力)

▼携帯版メルマガ
『拓中毒』
登録(携帯電話用Emailを入力)
解除(携帯電話用Emailを入力)

「まぐまぐ!」から発行しています。

プロフィール


山崎拓巳
Takumi Yamazaki

1965年三重県生まれ。
広島大学教育学部中退。
20歳で起業。22歳で「有限会社たく」を設立。
現在は多岐にわたる事業を同時進行に展開中。

現在までに40冊超、累計140万部のベストセラー作家。
主な著書に『やる気のスイッチ!』『人生のプロジェクト』『気くばりのツボ』『見えないチカラを味方につけるコツ』(サンクチュアリ出版)、『さりげなく人を動かす スゴイ!話し方』『お金のポケットが増える スゴイ!稼ぎ方』(かんき出版)。
日本のみならずアメリカ、香港、台湾、韓国、中国ほか、海外でも広く翻訳出版されている。

講演活動は、「凄いことはアッサリ起きる」-夢-実現プロデューサーとして、メンタルマネジメント、コミュニケーション術、リーダ ーシップ論など多ジャンルにわたり行っている。
又ベストセラーとなった『やる気のスイッチ!』を元に「やる気を出す方法についてもっと知りたい!」という方の為に、やる気のスイッチセミナーを開催し、多くのファシリテーターも生みだしている。
最近では、新刊のスゴイ!シリーズとして「スゴイ!話し方」「スゴイ!稼ぎ方」のセミナーや勉強会も頻繁に行なっている。

アーティストとしての活躍の場も拡がり、国内外にて絵画展、Tシャツやバッグなどの展開も。
映画出演(「少女椿」)、作詞家活動(ムッシュDとのコラボ)、飲食店経営(タクメン@NY)等、あらゆる可能性にチャレンジを続け、今後更なる活躍が期待出来る。



○総合情報
・パソコン公式サイト
・山崎拓巳ファンサイト
・携帯公式サイト
・公式ブログ
・中国語公式ブログ
・英語公式ブログ

○Twitter関連
・公式ツイッター
・最新情報

○Facebook
・山崎拓巳Facebook
・山崎拓巳Facebookファンサイト
・やる気のスイッチ

○メルマガ
・『月拓通信』
・携帯メルマガ『拓中毒』
・メルマガ『拓本』
・LINE@『山崎拓巳通信』

○その他
・ニューヨークでお泊まりするなら♪
・レストラン「タクメン」


「月曜日が楽しくなる山崎拓巳通信」「拓中毒」など無料メルマガも配信しています!

問い合わせ先:
taku-staff@taku.gr.jp


S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

categories

Recent Entries

archives

mobile

qrcode

SUGOKOTO-タクモバイル


山崎拓巳のトーク番組「タクラジ」がポッド
キャストで楽しめます。登録はこちらから

2013.06.06 Thursday

☆2013年6月13(木)〜16日(日) 吉祥寺シアター 「人狼 The Live Playing Theater 吸血鬼〜渇愛の宴〜」

 
友達のTORICOさんが・・・初舞台!



☆2013年6月13(木)〜16日(日) 吉祥寺シアター 
「人狼 The Live Playing Theater 吸血鬼〜渇愛の宴〜」 

ボクは残念ながらParisにいて、参加できない〜!
残念無念。




playing image(long)

とある小さな村に、3匹の人狼が紛れこんだ。

容姿ばかりか記憶や仕草までも生き写しの人狼は、死んでも化けの皮をはがさない。見知った顔がすでに人狼かもしれないと、疑心暗鬼にかられ、怒り、怯え、怒鳴り、泣き叫ぶ村人たち。

だが、やがて彼らは合理的かつ非情な覚悟を決める。 人狼を滅ぼすまで毎日、全員の発言を各々が吟味し、多数決でもっとも疑わしい者を処刑していこう、と。

かくして、悲壮な心理戦が始まった。 
はたして生き残るのは村人か、それとも人狼か──。




20世紀前期のヨーロッパで原型が生まれ、何十年もかけて洗練されてきた十数人で楽しめるパーティゲームです。

ある村に住む“人間”となったプレイヤーは、人間に成りすました魔物“人狼”をすべて退治しなければなりません。なぜなら、日没まで恐ろしい本性を隠している人狼たちは毎夜罪のない人間をひとりずつ喰い殺し、やがて村を滅ぼしてしまうからです。

しかし、人狼と人間を区別する手段がありません。しかたがないので村人たちは、昼間のうちにもっとも怪しい者を人狼とみなして処刑することにしました。人狼が全滅するまで毎日ひとりずつ。誤って人間を殺してしまうかもしれませんが、個人の命よりも村が存続できる可能性を優先したのです。誰が処刑されるのかは、平等に多数決です。

かくして、人狼を見つけ出して処刑しようとする“人間”と、正体をあざむいて村を滅ぼそうとする“人狼”の、言葉を尽くし命をかけた頭脳戦が始まりました……。

  • ルールをご存じなくても、『人狼 ザ・ライブプレイングシアター』は十分にお楽しみいただけます。
  • よりよい舞台とするため、ルールは変更される場合があります。