メールマガジン無料

山崎拓巳のメールマガジン(無料)
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

▼PC版メルマガ
『月曜日が楽しくなる 山崎拓巳通信』
登録(PC用Emailを入力)
解除(PC用Emailを入力)

▼携帯版メルマガ
『拓中毒』
登録(携帯電話用Emailを入力)
解除(携帯電話用Emailを入力)

「まぐまぐ!」から発行しています。

プロフィール


山崎拓巳
Takumi Yamazaki

1965年三重県生まれ。
広島大学教育学部中退。
20歳で起業。22歳で「有限会社たく」を設立。
現在は多岐にわたる事業を同時進行に展開中。

現在までに40冊超、累計140万部のベストセラー作家。
主な著書に『やる気のスイッチ!』『人生のプロジェクト』『気くばりのツボ』『見えないチカラを味方につけるコツ』(サンクチュアリ出版)、『さりげなく人を動かす スゴイ!話し方』『お金のポケットが増える スゴイ!稼ぎ方』(かんき出版)。
日本のみならずアメリカ、香港、台湾、韓国、中国ほか、海外でも広く翻訳出版されている。

講演活動は、「凄いことはアッサリ起きる」-夢-実現プロデューサーとして、メンタルマネジメント、コミュニケーション術、リーダ ーシップ論など多ジャンルにわたり行っている。
又ベストセラーとなった『やる気のスイッチ!』を元に「やる気を出す方法についてもっと知りたい!」という方の為に、やる気のスイッチセミナーを開催し、多くのファシリテーターも生みだしている。
最近では、新刊のスゴイ!シリーズとして「スゴイ!話し方」「スゴイ!稼ぎ方」のセミナーや勉強会も頻繁に行なっている。

アーティストとしての活躍の場も拡がり、国内外にて絵画展、Tシャツやバッグなどの展開も。
映画出演(「少女椿」)、作詞家活動(ムッシュDとのコラボ)、飲食店経営(タクメン@NY)等、あらゆる可能性にチャレンジを続け、今後更なる活躍が期待出来る。



○総合情報
・パソコン公式サイト
・山崎拓巳ファンサイト
・携帯公式サイト
・公式ブログ
・中国語公式ブログ
・英語公式ブログ

○Twitter関連
・公式ツイッター
・最新情報

○Facebook
・山崎拓巳Facebook
・山崎拓巳Facebookファンサイト
・やる気のスイッチ

○メルマガ
・『月拓通信』
・携帯メルマガ『拓中毒』
・メルマガ『拓本』
・LINE@『山崎拓巳通信』

○その他
・ニューヨークでお泊まりするなら♪
・レストラン「タクメン」


「月曜日が楽しくなる山崎拓巳通信」「拓中毒」など無料メルマガも配信しています!

問い合わせ先:
taku-staff@taku.gr.jp


S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

Recent Entries

archives

mobile

qrcode

SUGOKOTO-タクモバイル


山崎拓巳のトーク番組「タクラジ」がポッド
キャストで楽しめます。登録はこちらから

2010.01.24 Sunday

2010/01/24 5:14 平本あきお先生のセミナーがこちらで無料受講できます!

 
野田ッチメルマガより・・・


■本日の名言・格言

『自分の喜びを追及する行為が、

 他人の幸福への奉仕に

 つながるものでありたい。』


 (本田宗一郎氏)
__________________________

自分の喜び・・・
なにかな。

自分の喜びを追求する行為=他人の幸福への奉仕

ホントだね。

ホントだね。
__________________________


平本あきお先生のセミナーがこちらで無料受講できます!
↓↓↓
http://executivecoach.seesaa.net/article/139047480.html




 -------------------------------------------------------------------
 ■ 音声をダウンロードされた方へ
-------------------------------------------------------------------
 
<下記は、テキストのご紹介です。ぜひ参考にしてみてください。>
 
 
1. 去年はどんな一年だった?  (2009年1月からふり返ってみると…)
 
 
2. 去年一年全体を、一言で言うと? タイトルをつける「○○○な一年」
 
 
3. 今年はどんな一年になればいい?
 
 
4. 2011年の今日になったと想像してみてください。
 
    どうなっていたら、去年(2010年)は充実していたと思えますか?
    特に印象的なエピソードは?
 
 
5. この充実した一年(2010年)をふり返ってみて、
    タイトルをつけるとすると?  「○○○な一年」(今年のビジョン)
 
 
6. 今年が「○○○な一年」になるためには、何を実現させたい?
  どんな風に実現させたいですか?(目に見えて測れる、特定な目標)
 
 
7. そのために必要なものは何ですか? 
 
     ㈰もうすでにあるもの(資源)
     ㈪これから得るもの(知識・スキル・人脈・人からのサポートなど)
 
 
8. 今すぐできる小さな第一歩は?(具体的な行動)
 
 
__________________________________