メールマガジン無料

山崎拓巳のメールマガジン(無料)
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

▼PC版メルマガ
『月曜日が楽しくなる 山崎拓巳通信』
登録(PC用Emailを入力)
解除(PC用Emailを入力)

▼携帯版メルマガ
『拓中毒』
登録(携帯電話用Emailを入力)
解除(携帯電話用Emailを入力)

「まぐまぐ!」から発行しています。

プロフィール


山崎拓巳
Takumi Yamazaki

1965年三重県生まれ。
広島大学教育学部中退。
20歳で起業。
22歳で「有限会社たく」を設立。
現在は多岐にわたる事業を同時進行に展開中。

現在までに30冊超、累計120万部のベストセラー作家。
主な著書に『ひとり会議の教科書』『やる気のスイッチ!』『人生のプロジェクト』 『気くばりのツボ』『見えないチカラを味方につけるコツ』(サンクチュアリ出版)。 日本のみならずアメリカ、香港、台湾、韓国、中国ほか、海外でも広く翻訳出版されている。

講演活動は、「凄いことはアッサリ起きる」-夢-実現プロデューサーとして、メンタルマネジメント、コミュニケーション術、リーダーシップ論など多ジャンルにわたり行っている。

アーティストとしての活躍の場も拡がり、国内外にて絵画展、Tシャツやバッグなどの展開も。
最近では、映画出演(「少女椿」)、作詞家活動(ムッシュDとのコラボ)、飲食店オーナー等(タクメン@NY)、あらゆる可能性にチャレンジを続け、今後更なる活躍が期待出来る。






「月曜日が楽しくなる山崎拓巳通信」「拓中毒」など無料メルマガも配信しています!

問い合わせ先:
taku-staff@taku.gr.jp


S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

Recent Entries

archives

mobile

qrcode

SUGOKOTO-タクモバイル


山崎拓巳のトーク番組「タクラジ」がポッド
キャストで楽しめます。登録はこちらから

2017.04.19 Wednesday

2017/04/19 0:02 これを見ると「新しい時代」が見えてくる。 ビジネスチャンスも湧いてくる・・・

 

これを見ると「新しい時代」が見えてくる。

ビジネスチャンスも湧いてくる・・・

 

 

http://svjapan.blogspot.jp

三年前のブログなのに・・・

日本はまだまだ世界の過去を生きているんだなって思う。

__________________________

 

 

あなたは

あなたらしく

過ごしているかな?

 

あなたは

自分を楽しんで

いるかな?

 

今、なにしたい?

って自分に聞いてみてください。

 

今すぐここを立ち去りたい!と

立ち去れないような状況で声が聞こえるかも。

 

しかし、

その声を聞くのと

無視するのとでは大きな違いがあります。

 

あ〜

ごめんね。

今はここに居ないといけないんだ。

しかし、帰りたいと思っているの知っているよ。

と声を自分にかけるだけで、心のストレスは大きく違います。

 

そして、

心の声を無視していないことで

自分の生き方をそこで尊重したことになります。

 

自分を楽しむには・・・

 

・自分との会話(自分軸の確立)

・ライフコストを獲得(お金との決着)

・時間管理(自分の時間を自分でコントロールする)

・快適人間関係(大好きを共有できる仲間作り)

・学びの場(変化成長ができる場を持つ)

・貢献の場(誰かの役に立っているという充実感)

 

__________________________

 

 

4月17日 配信

若者の「クール」とは? 10代が好きなSNS・動画サービス

04.17 12:00ギズモード・ジャパン

Cool! 

かつては自分も10代の若者であったはずなのに、あっと言う間に「若者」のことがわからなくなってしまいました。何が流行ってて、何がヤバくて、何がカワイイのか、もうさっぱり…。ただ、時代の流行を作るのはいつだって若者の仕事。若者にとって何が「クール」なのか、Googleが海外の若者を対象に調査しました。

Googleが調査したのは「ジェネレーションZ」と呼ばれる世代、1990年代中頃から2000年代初頭に生まれた現在13歳から17歳(ジェネレーションZの定義はいくつかあるようで、これはあくまでも米国Googleの定義&調査です)。この世代にとって、最もクールかつ重要なアイテムはやっぱりスマートフォン。調査に協力した1,100人のうち、90.4%がスマートフォンを所持していました。そしてスマートフォンでやることといったら、ソーシャルメディア。しかし、利用目的はシェアするためではなく、コンテンツを見る&繋がるためです。人気が高いのはSnapchatとInstagramで、Facebookの利用も高いものの、コンテンツチェックが主な用途であって、ポストするのはクールではないんですって。

コンテンツと言えば、リアルタイムメディアが必須の世代。ストリーミングサービスはあって当たり前。ストリーミングメディア人気トップ4は、YouTube、Netflix、Spotify、そしてHuluでした。またストリーミングに限らず、10代からクールだと思われているブランド/企業が上のランキング。1位から順に、YouTube、Netflix、Googleです。若者にとってGoogle=検索であり、クールだと感じる理由も、欲しい情報、知りたい情報がすべてそこにあるから。自動運転やGoogleグラスなどのイノベーション、Doodleなどのクリエティブなイメージもクールと感じる理由の1つとなっています。 

また、かつて「ナイキ狩り」という言葉が生まれたほどスニーカーに熱狂した若者たちですが、現代も靴はファッションで最も注目されるアイテムだそうです。ただ、クールなブランドランキングではNikeは9位。ランキング上位をテック系がしめているのが、時代を感じさせますね。 

ネタ元のグーグルの調査では、この他に、ファッションやセレブ、音楽、ミレニアム世代との比較などにも触れられています。ティーンを少しでも理解したい人、どうぞ熟読ください。 

image: Rawpixel.com / Shutterstock.com, Google
source: Google