メールマガジン無料

山崎拓巳のメールマガジン(無料)
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

▼PC版メルマガ
『月曜日が楽しくなる 山崎拓巳通信』
登録(PC用Emailを入力)
解除(PC用Emailを入力)

▼携帯版メルマガ
『拓中毒』
登録(携帯電話用Emailを入力)
解除(携帯電話用Emailを入力)

「まぐまぐ!」から発行しています。

プロフィール


山崎拓巳
Takumi Yamazaki

1965年三重県生まれ。
広島大学教育学部中退。
20歳で起業。
22歳で「有限会社たく」を設立。
現在は多岐にわたる事業を同時進行に展開中。

現在までに30冊超、累計120万部のベストセラー作家。
主な著書に『ひとり会議の教科書』『やる気のスイッチ!』『人生のプロジェクト』 『気くばりのツボ』『見えないチカラを味方につけるコツ』(サンクチュアリ出版)。 日本のみならずアメリカ、香港、台湾、韓国、中国ほか、海外でも広く翻訳出版されている。

講演活動は、「凄いことはアッサリ起きる」-夢-実現プロデューサーとして、メンタルマネジメント、コミュニケーション術、リーダーシップ論など多ジャンルにわたり行っている。

アーティストとしての活躍の場も拡がり、国内外にて絵画展、Tシャツやバッグなどの展開も。
最近では、映画出演(「少女椿」)、作詞家活動(ムッシュDとのコラボ)、飲食店オーナー等(タクメン@NY)、あらゆる可能性にチャレンジを続け、今後更なる活躍が期待出来る。






「月曜日が楽しくなる山崎拓巳通信」「拓中毒」など無料メルマガも配信しています!

問い合わせ先:
taku-staff@taku.gr.jp


S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

categories

Recent Entries

archives

mobile

qrcode

SUGOKOTO-タクモバイル


山崎拓巳のトーク番組「タクラジ」がポッド
キャストで楽しめます。登録はこちらから

2017.04.22 Saturday

2017/04/22 0:51 本、書いています!!!@ラナイ島

 

川口忠大さんから電話が・・・(笑)

 

 

まだラナイにおるんかいって(笑)

ありがとうございます!

 

山崎拓巳・・・

31年以上お世話になっている人・・・

小倉もヨロシクお願いします。

 

高松もありがとうございます!

__________________________

 

本、書いています・・・

話し方の本。

5月24日には書店にならぶんだ〜♪

どきどき・・・

 

↓↓↓

 

 

 

大勢の前で話すときの「入り方」

 

 セミナーや講演などで、大勢の人の前で話をするとき、ぜひ、心がけたいことは、

「聞いている人より自分のほうが絶対にリラックスしていること」です。

 

 講演者が緊張していると、聴いているほうは「この人、大丈夫かな」と思い、話の内容が頭に入らなくなってしまいます。

 講師によってはわざと、最初に「いや〜、緊張しますよね」って言って会場の空気を和らげる人もいます。

まあ、このへんは流派なのでさまざまです。

 

僕はというと、聞いている人が、

「えっ? もう始まってるの?」と肩すかしに思うような、

脱力したサラリとした入り方が好きです。

 

音楽で言えば、「ジャジャジャジャーン」ではなくて、「ンッアッ」ていう感じで休符から始まるようなイメージ。

「あれっ? この講師、丸腰で来た」とビックリさせたい。

 

鎧を全部脱いでステージに立つことを楽しんでいます。

「こんにちは、山拓巳です」というスタートではなく、

「昨日ね、天ぷらを食べに行ったんですよ」から話し出し、

「えっ?」って思っているうちに、気づいたら世界にグーッと引き込まれていくような感じにしたいと思っています。

 

テレビの連続ドラマにたとえると、第3話の夜8時20分ぐらいから始まる感じです。

昔、観た蜷川幸雄さん演出の舞台は、会場に入ると役者さんが客席を歩いていて、

「来てくれてありがとう」なんて挨拶を友だちにしていて、いつの間にか芝居が始まっているという演出でした。

日常と非日常の区切りがない不思議な世界でした。

 

『アリス・イン・ワンダーランド』のように、

聞いている人がいつの間にかウサギの 穴の中にいて、気づいたら、もうすっかり話にはまりこんで、

「もう2時間なんですね」って。そういうセミナーができたらいいなと、いつも思っています。

 

登場するときにかける音楽や始まる前に会場で流れているBGMにも気をつかいたいです。

また、会場の温度や、マイク音量や音質によっても伝わる雰囲気が変わってしまいます。

スピーカーのタイプによって、伝わる印象自体がまったく違うので注意してみてください。

話し始めてから「あっ! 少し低音を切って、高音を上げてください」なんてこともしばしばあるのですが、

聞いている人がもっともいい心地で聞けるようにという配慮が大事です。

 

肩すかしで始めて、聞いている人がリラックスしてしまう場作り。

 

__________________________

 

こんなのあるんだ・・・

lofi hip hop radio - beats to relax/study to

https://www.youtube.com/watch?v=xrbrQhpvn8E

 

この発想、新しい・・・

なんか、新たなる展開が考えられそう。

 

田舎町、車社会だから飲みに行けない。

スカイプで飲み会をやっている仲間たちがいる。

なにか、それと近いなにかを感じる・・・

__________________________

 

スゴイアーティスト発見!!!

https://www.instagram.com/stacyjeanart/

 

 

やば〜い!

__________________________

 

そして・・・

鳥ウサギが「5秒後の未来」の気に入った箇所を送ってくれた。

いい本だったんだねって染み入りました。(笑)

 

__________________________

 

この本ってまだ売っているのかな?!

絵も描かせていただきました。

 

↓↓↓