メールマガジン無料

山崎拓巳のメールマガジン(無料)
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

▼PC版メルマガ
『月曜日が楽しくなる 山崎拓巳通信』
登録(PC用Emailを入力)
解除(PC用Emailを入力)

▼携帯版メルマガ
『拓中毒』
登録(携帯電話用Emailを入力)
解除(携帯電話用Emailを入力)

「まぐまぐ!」から発行しています。

プロフィール


山崎拓巳
Takumi Yamazaki

1965年三重県生まれ。
広島大学教育学部中退。
20歳で起業。
22歳で「有限会社たく」を設立。
現在は多岐にわたる事業を同時進行に展開中。

現在までに40冊超、累計130万部のベストセラー作家。
主な著書に『やる気のスイッチ!』『人生のプロジェクト』『気くばりのツボ』『見えないチカラを味方につけるコツ』(サンクチュアリ出版)、『さりげなく人を動かす スゴイ!話し方』(かんき出版)。 日本のみならずアメリカ、香港、台湾、韓国、中国ほか、海外でも広く翻訳出版されている。

講演活動は、「凄いことはアッサリ起きる」-夢-実現プロデューサーとして、メンタルマネジメント、コミュニケーション術、リーダ ーシップ論など多ジャンルにわたり行っている。

アーティストとしての活躍の場も拡がり、国内外にて絵画展、Tシャツやバッグなどの展開も。
最近では、映画出演(「少女椿」)、作詞家活動(ムッシュDとのコラボ)、飲食店経営(タクメン@NY)等、あらゆる可能性にチャレンジを続け、今後更なる活躍が期待出来る。




○総合情報
・パソコン公式サイト
・山崎拓巳ファンサイト
・携帯公式サイト
・スゴコトスマホ版
・公式ブログ
・中国語公式ブログ
・英語公式ブログ

○Twitter関連
・公式ツイッター
・最新情報

○Facebook
・山崎拓巳Facebook
・山崎拓巳Facebookファンサイト
・やる気のスイッチ

○メルマガ
・『月拓通信』
・携帯メルマガ『拓中毒』
・メルマガ『拓本』
・LINE@『山崎拓巳通信』

○その他
・ニューヨークでお泊まりするなら♪
・レストラン「タクメン」


「月曜日が楽しくなる山崎拓巳通信」「拓中毒」など無料メルマガも配信しています!

問い合わせ先:
taku-staff@taku.gr.jp


S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

Recent Entries

archives

mobile

qrcode

SUGOKOTO-タクモバイル


山崎拓巳のトーク番組「タクラジ」がポッド
キャストで楽しめます。登録はこちらから

2017.08.27 Sunday

2017/08/27 0:32 親しいことにより遠慮がなくなっていき、それが不和の元にもなる・・・

 

20歳のとき、

仕事をがんばるって思った。

 

経費を浮かせるため、

その仕事を誘ってくれた人と(男の人)

一緒に住んで、家賃を浮かせよう!って話になった。

 

それを母に相談すると・・・

「一生、いい友達でいたいなら一緒に住んではダメだ」という返答。

 

深いなぁと思った。

近づきすぎると必ずぶつかるんだと学んだ。

 

相性の問題でもなく・・・

性格の問題でもなく・・・

 

他人同士が一緒に住むってことは

必ず世にあるトラブルが起きる。

 

一定のルールにより、

お互いが尊敬しあえる「距離感」を保つ必要がある。

 

相手のダメなところが見えるぐらい近いってことは

相手もあなたのダメなところが見えているのだ。

 

尊敬しあえる距離感・・・

良いところを見なさいと教える人がいるが

近いと嫌なところが目につくものだ。

しかも、その嫌なところとは自分が持っているものでもある。

ひた隠しにしているその部分を吐露されるため、嫌悪につながる。

 

「親しき中にも礼儀あり」とは

なんと素晴らしい言葉なのか?!

 

【意味】 親しき仲にも礼儀ありとは、どんなに親密な間柄であっても、守るべき礼儀があるということ。

 

【注釈】 仲が良くとも、度が過ぎて礼を失するようなことがあってはいけないという戒め。
親しいことにより遠慮がなくなっていき、それが不和の元にもなるということ。
「仲」は「中」とも書く。
「親しき仲に礼儀あり」ともいう。

 

【類義】 思う仲には垣をせよ/心安いは不和の基/親しき仲に垣をせよ/親しき仲は遠くなる/近しき仲にも礼儀あり/良い仲には垣をせよ/良い仲も笠を脱げ

 

【英語】 A hedge between keeps friendship green.(間に垣根があると友情は生き生きと保たれる)
Love your neighbor, yet pull not down your hedge.(あなたの隣人を愛せよ。しかも生垣を取り払うな)

http://kotowaza-allguide.com/si/shitashikinakanireigi.html