メールマガジン無料

山崎拓巳のメールマガジン(無料)
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

▼PC版メルマガ
『月曜日が楽しくなる 山崎拓巳通信』
登録(PC用Emailを入力)
解除(PC用Emailを入力)

▼携帯版メルマガ
『拓中毒』
登録(携帯電話用Emailを入力)
解除(携帯電話用Emailを入力)

「まぐまぐ!」から発行しています。

プロフィール


山崎拓巳
Takumi Yamazaki

1965年三重県生まれ。
広島大学教育学部中退。
20歳で起業。
22歳で「有限会社たく」を設立。
現在は多岐にわたる事業を同時進行に展開中。

現在までに40冊超、累計130万部のベストセラー作家。
主な著書に『やる気のスイッチ!』『人生のプロジェクト』『気くばりのツボ』『見えないチカラを味方につけるコツ』(サンクチュアリ出版)、『さりげなく人を動かす スゴイ!話し方』(かんき出版)。 日本のみならずアメリカ、香港、台湾、韓国、中国ほか、海外でも広く翻訳出版されている。

講演活動は、「凄いことはアッサリ起きる」-夢-実現プロデューサーとして、メンタルマネジメント、コミュニケーション術、リーダ ーシップ論など多ジャンルにわたり行っている。

アーティストとしての活躍の場も拡がり、国内外にて絵画展、Tシャツやバッグなどの展開も。
最近では、映画出演(「少女椿」)、作詞家活動(ムッシュDとのコラボ)、飲食店経営(タクメン@NY)等、あらゆる可能性にチャレンジを続け、今後更なる活躍が期待出来る。




○総合情報
・パソコン公式サイト
・山崎拓巳ファンサイト
・携帯公式サイト
・スゴコトスマホ版
・公式ブログ
・中国語公式ブログ
・英語公式ブログ

○Twitter関連
・公式ツイッター
・最新情報

○Facebook
・山崎拓巳Facebook
・山崎拓巳Facebookファンサイト
・やる気のスイッチ

○メルマガ
・『月拓通信』
・携帯メルマガ『拓中毒』
・メルマガ『拓本』
・LINE@『山崎拓巳通信』

○その他
・ニューヨークでお泊まりするなら♪
・レストラン「タクメン」


「月曜日が楽しくなる山崎拓巳通信」「拓中毒」など無料メルマガも配信しています!

問い合わせ先:
taku-staff@taku.gr.jp


S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

Recent Entries

archives

mobile

qrcode

SUGOKOTO-タクモバイル


山崎拓巳のトーク番組「タクラジ」がポッド
キャストで楽しめます。登録はこちらから

2017.10.19 Thursday

2017/10/19 16:39 僕たちは、 自らの内面を投影した世界に住んでいます。

 

 

神戸でミーティング・・・

アフターはユカさんに話してもらった。

 

 

みんな、よかったね♪

 

 

今日はドライヤーの発売日・・・

朝からてんやわんや!!!

 

 

各地でお世話になっています!

ありがとうございます!

NEW DDセミナーのみんなも♪

 

 

なでしこジャパンだったミヤ♪

楽しかったです!

東京への施術所進出、楽しみですね!!!

 

 

小倉、ありがとうございました。

楽しかったです♪

 

 

北九州空港へ・・・

移動!!!

 

 

資さんうどん!!!

おはぎ、ありがとうございました。

めちゃ美味しいと大好評!!!

 

 

北九州♪

ガッツリ

ガッツリ

ガッツリ

幸運へ!!!

 

 

__________________________

 

 

【野口嘉則メールマガジン】から学びます!

 

↓↓↓

ある町の入り口に
一人の老人が座っていた。

そこに、よその町から
一人の若者がやって来た。


若者は老人に尋ねた。
「この町はどんな町ですか?
どんな人たちが住んでいますか?」

老人
「君はどんな町からやって来たのかね?」

若者
「僕がいた町は、
利己的で悪賢い人が多かった。
安心して住めない、ひどい町でした」

老人
「この町も同じようなものじゃよ」


若者は疑いの目で老人を見ると、
町に入っていった。

そして間もなく、
老人が言ったとおりの町であることを知った。


その後しばらくして、
別の若者がやって来て、
老人に尋ねた。

「この町はどんな町ですか?
どんな人たちが住んでいますか?」

「君はどんな町からやって来たのかね?」

「僕がいた町は、
やさしくて親切な人が多かった。
とても住みやすい、素敵な町でした」

「この町も同じようなものじゃよ」

若者は老人にお辞儀をすると、
町に入っていった。

そして間もなく、
老人が言ったとおりの町であることを知った。

=====================



この寓話は、
講演などでもよく耳にする話なので、
ご存知の方も多いかもしれませんね。



僕たちはものごとを
ありのままには見ていません。

ものごとに自分が意味づけをして、
その意味を見ています。

ものごとに自分の心を投影して、
その投影を見ているのです。



つまり人は、外界を通して、
自分の内面を経験しているのです。



ということは、僕たちは、
自分の内面にないものは経験できない
ということですね。

たとえば、
僕たちが花を見て「美しい!」と感動するのは、
心の中にある「美」を投影して、
「美しい」と感じているのです。

「美」は僕たちの心の中にあるのです。



動物や虫は、花を見ることはできても、
花の美しさを感じることができません。

花の美しさに感動することはないわけです。

動物や虫の内面には、
「美」という理念がないからです。

これはつまり、
動物や虫が生きる世界には、
「美しい花」は存在していないということです。
(植物としての花は存在しますが)



また、僕たち人間も、
執着心に囚われているときや、
競争心・闘争心で心がいっぱいのときは、
花の美しさに気づかないまま、
見過ごしてしまいます。

そんなときは、僕たちが住む世界に
「美しい花」は存在していないのです。



僕たちは、
自らの内面を投影した世界に住んでいます。

自らの心の“ありよう”を映し出した世界に
住んでいます。



周りの人が
善意の人ばかりに見えるときは、
僕たちの心の中の善意が
周りに投影されているのです。

周りの人が
悪意の人ばかりに見えるときは、
僕たちの心の中の悪意が
周りに投影されているのです。



物理的には、
「一つの客観的な世界に、
すべての人間が住んでいる」
という見方ができますが、

心理的には、
「それぞれの人間は、
それぞれの主観を投影した世界に
住んでいる」
という見方ができるわけです。



それぞれの人間が、
それぞれの主観を投影した世界に
住んでいるのであれば、

「僕たち一人ひとりの数だけ世界がある」
ということになります。

つまり、自分が住んでいる世界と、
相手が住んでいる世界は、
実は“違う世界”であるということになります。



しかし僕たちは、

「自分が見ている世界こそが
客観的な一つの世界である」

と勘違いしていて、

その客観的世界(実は自分が見ている
主観的世界)に
相手も住んでいるものだと思い込んでいます。

そのため、
相手の「感じ方、ものの見方」が
歪んで見えるのです。



「あなたは何を見ているの?
何を考えているの?
私が提供した情報を知れば、
結論は明らかだよね。
どうしてそれが理解できないの?
あなたには事実が見えないの?
あなたの『ものの見方』は歪んでいるよ」

なんて言ったりするのは、

「相手も自分と同じ世界が
見えているはずだ。
世界は一つしかないのだから」
という、
おそるべき思い込みがあるからなんです(^^;



「相手は自分と違う世界に住み、
違う世界を見ている」
という真実に気づくと、

相手の「感じ方、ものの見方」を、
「私には計り知れないもの」として
敬意をもって尊重することができます。



ユング心理学者の河合隼雄先生が、

「人の話を聴くときは、
『相手にとっての真実』に
耳を傾けることが大切」

と述べておられます。



「自分にとっての真実」と
「相手にとっての真実」は
違っていて当然なのですから、

「自分こそが客観的な真実を見ている」
という思い込みを手放し、

「相手にとっての真実」に、
畏敬の念をもって耳を傾けることが
大切なのですね。



以上、今回は、
「人は自分の内面を投影した世界に住む」
というお話をさせていただきました。

ご参考になれば嬉しいです。
 

 

__________________________