メールマガジン無料

山崎拓巳のメールマガジン(無料)
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

▼PC版メルマガ
『月曜日が楽しくなる 山崎拓巳通信』
登録(PC用Emailを入力)
解除(PC用Emailを入力)

▼携帯版メルマガ
『拓中毒』
登録(携帯電話用Emailを入力)
解除(携帯電話用Emailを入力)

「まぐまぐ!」から発行しています。

プロフィール


山崎拓巳
Takumi Yamazaki

1965年三重県生まれ。
広島大学教育学部中退。
20歳で起業。
22歳で「有限会社たく」を設立。
現在は多岐にわたる事業を同時進行に展開中。

現在までに40冊超、累計130万部のベストセラー作家。
主な著書に『やる気のスイッチ!』『人生のプロジェクト』『気くばりのツボ』『見えないチカラを味方につけるコツ』(サンクチュアリ出版)、『さりげなく人を動かす スゴイ!話し方』(かんき出版)。 日本のみならずアメリカ、香港、台湾、韓国、中国ほか、海外でも広く翻訳出版されている。

講演活動は、「凄いことはアッサリ起きる」-夢-実現プロデューサーとして、メンタルマネジメント、コミュニケーション術、リーダ ーシップ論など多ジャンルにわたり行っている。

アーティストとしての活躍の場も拡がり、国内外にて絵画展、Tシャツやバッグなどの展開も。
最近では、映画出演(「少女椿」)、作詞家活動(ムッシュDとのコラボ)、飲食店経営(タクメン@NY)等、あらゆる可能性にチャレンジを続け、今後更なる活躍が期待出来る。




○総合情報
・パソコン公式サイト
・山崎拓巳ファンサイト
・携帯公式サイト
・スゴコトスマホ版
・公式ブログ
・中国語公式ブログ
・英語公式ブログ

○Twitter関連
・公式ツイッター
・最新情報

○Facebook
・山崎拓巳Facebook
・山崎拓巳Facebookファンサイト
・やる気のスイッチ

○メルマガ
・『月拓通信』
・携帯メルマガ『拓中毒』
・メルマガ『拓本』
・LINE@『山崎拓巳通信』

○その他
・ニューヨークでお泊まりするなら♪
・レストラン「タクメン」


「月曜日が楽しくなる山崎拓巳通信」「拓中毒」など無料メルマガも配信しています!

問い合わせ先:
taku-staff@taku.gr.jp


S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

Recent Entries

archives

mobile

qrcode

SUGOKOTO-タクモバイル


山崎拓巳のトーク番組「タクラジ」がポッド
キャストで楽しめます。登録はこちらから

2017.11.04 Saturday

2017/11/04 15:12 日本人は絶滅危惧種! 世界が経験したことの無い人口減少! 世界最速の人口減少!2031年    3戸に1戸が空き家。 2040年全国の自治体が半分に。2042年高齢者のピーク。それも、貧困な高齢者で・・・

---
コメント:2017/11/04 15:12 日本人は絶滅危惧種! 世界が経験したことの無い人口減少! 世界最速の人口減少!2031年    3戸に1戸が空き家 2040年    全国の自治体が半分に 2042年    高齢者のピーク  それも、貧困な高齢者であふれる

未来の年表より

膨大なデータに基づいてるので、机上の空論ではない!

8年連続、人口減少
出生率、初めて100万人を割った
日本人は絶滅危惧種
世界が経験したことの無い人口減少
世界最速の人口減少

2026年   認知症が国民病に
                輸血が不足、病院も不足、手
                術不能
2027年   コンビニが消える
2039年   火葬場が不足
2050年   世界的な食料争奪戦に巻き込
                まれる
現在   1億2558万人 
50年後  今のペースで行くと、8800万人


既に来年は、18歳の人口が激減
3年後 半分が50歳以上
女性は、3人に1人が、65歳以上

2023年    45歳前後   かつてのベビーブームが団塊の世代に

AI  の影響で仕事が減るのに対し、団塊の世代のピークと重なり、無職の団塊の世代が増える   人件費もピークに不足する


2024年   人口の18%が 後期高齢者 6人に1人が75歳以上

医療費   61.8兆円  43万人の介護難民
2016年から2026年   この10年で医療費  20兆円アップ

この頃には、認知症が認知症を面倒見る
認認介護になる

2027年   医療崩壊
2030年   百貨店、銀行がなくなる
2031年    3戸に1戸が空き家
2040年    全国の自治体が半分に
2042年    高齢者のピーク  それも、貧困な高齢者であふれる
__________________________

 

  • 序 2016年、出生数は100万人を切った
  • 2017年  「おばあちゃん大国」に変化
  • 2018年  国立大学が倒産の危機へ
  • 2019年  IT技術者が不足し始め、技術大国の地位揺らぐ
  • 2020年  女性の2人に1人が50歳以上に
  • 2021年  介護離職が大量発生する
  • 2022年  「ひとり暮らし社会」が本格化する
  • 2023年  企業の人件費がピークを迎え、経営を苦しめる
  • 2024年  3人に1人が65歳以上の「超・高齢者大国」へ
  • 2025年  ついに東京都も人口減少へ
  • 2026年  認知症患者が700万人規模に
  • 2027年  輸血用血液が不足する
  • 2030年  百貨店も銀行も老人ホームも地方から消える
  • 2033年  全国の住宅の3戸に1戸が空き家になる
  • 2035年  「未婚大国」が誕生する
  • 2039年  深刻な火葬場不足に陥る
  • 2040年  自治体の半数が消滅の危機に
  • 2042年  高齢者人口が約4000万人とピークに
  • 2045年  東京都民の3人に1人が高齢者に
  • 2050年  世界的な食料争奪戦に巻き込まれる
  • 2065年〜 外国人が無人の国土を占拠する