メールマガジン無料

山崎拓巳のメールマガジン(無料)
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

▼PC版メルマガ
『月曜日が楽しくなる 山崎拓巳通信』
登録(PC用Emailを入力)
解除(PC用Emailを入力)

▼携帯版メルマガ
『拓中毒』
登録(携帯電話用Emailを入力)
解除(携帯電話用Emailを入力)

「まぐまぐ!」から発行しています。

プロフィール


山崎拓巳
Takumi Yamazaki

1965年三重県生まれ。
広島大学教育学部中退。
20歳で起業。22歳で「有限会社たく」を設立。
現在は多岐にわたる事業を同時進行に展開中。

現在までに40冊超、累計140万部のベストセラー作家。
主な著書に『やる気のスイッチ!』『人生のプロジェクト』『気くばりのツボ』『見えないチカラを味方につけるコツ』(サンクチュアリ出版)、『さりげなく人を動かす スゴイ!話し方』『お金のポケットが増える スゴイ!稼ぎ方』(かんき出版)。
日本のみならずアメリカ、香港、台湾、韓国、中国ほか、海外でも広く翻訳出版されている。

講演活動は、「凄いことはアッサリ起きる」-夢-実現プロデューサーとして、メンタルマネジメント、コミュニケーション術、リーダ ーシップ論など多ジャンルにわたり行っている。
又ベストセラーとなった『やる気のスイッチ!』を元に「やる気を出す方法についてもっと知りたい!」という方の為に、やる気のスイッチセミナーを開催し、多くのファシリテーターも生みだしている。
最近では、新刊のスゴイ!シリーズとして「スゴイ!話し方」「スゴイ!稼ぎ方」のセミナーや勉強会も頻繁に行なっている。

アーティストとしての活躍の場も拡がり、国内外にて絵画展、Tシャツやバッグなどの展開も。
映画出演(「少女椿」)、作詞家活動(ムッシュDとのコラボ)、飲食店経営(タクメン@NY)等、あらゆる可能性にチャレンジを続け、今後更なる活躍が期待出来る。



○総合情報
・パソコン公式サイト
・山崎拓巳ファンサイト
・携帯公式サイト
・公式ブログ
・中国語公式ブログ
・英語公式ブログ

○Twitter関連
・公式ツイッター
・最新情報

○Facebook
・山崎拓巳Facebook
・山崎拓巳Facebookファンサイト
・やる気のスイッチ

○メルマガ
・『月拓通信』
・携帯メルマガ『拓中毒』
・メルマガ『拓本』
・LINE@『山崎拓巳通信』

○その他
・ニューヨークでお泊まりするなら♪
・レストラン「タクメン」


「月曜日が楽しくなる山崎拓巳通信」「拓中毒」など無料メルマガも配信しています!

問い合わせ先:
taku-staff@taku.gr.jp


S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

Recent Entries

archives

mobile

qrcode

SUGOKOTO-タクモバイル


山崎拓巳のトーク番組「タクラジ」がポッド
キャストで楽しめます。登録はこちらから

2018.04.11 Wednesday

2018/04/11 15:07 日本人は「もっと笑おう」ということ。

 

島根の地震、

大丈夫だったのでしょうか?

南海トラフがリーチという記事を見かけます。

注意をすることはいいことです。

もう一度、考えましょ!!!

https://ameblo.jp/pure-tenkataihei/theme-10034070589.html

 

__________________________

 

 

昨日は

「日本を学ぶ会」でした。

 

日本はどうやって誕生したのか?

2678年前・・・

世界最長の国。

(1000年がデンマーク、900年がイギリス)

天皇陛下=エンペラー

 

日本とトルコの関係

https://www.youtube.com/watch?v=y9RkRn-LZSc

 

東北大震災のときの日本人に対する世界の驚き・・・

等々・・・これらを紙芝居にした神芝居をごとうさんが作られ、朗読劇がありました。

 

__________________________

 

学んだことは

日本人は「もっと笑おう」ということ。

 

江戸時代、

海外の書物では

「日本人はよく笑う」と書かれているらしい。

 

今、

外国人が日本に来て、どう思いますか?に対して・・・

「なぜ、日本人はあんなに電車で寝てるんだ? なぜ、そんなに疲れているんだ?」と言う。

 

 

 

違う視点を持つ

魔法の視点・・・

 

「ひふみんアイ」

 

↓↓↓

 

ひふみんアイとは

将棋の対局中、対戦相手の側に回り、相手が見ている盤面を確認する行為の通称。棋士の加藤一二三が考案したとされる。自陣とは逆の視点から眺めることで戦況の見え方が変わり、局面の判断を修正したり、相手の戦略を読んだりといった意義があるといわれている。大盤解説でも盤を上下回転させることをひふみんアイと呼ぶことがある。

引用:ひふみんアイとは – 日本語表現辞典 Weblio辞書

https://nanairo-diary.com/hifumin-6-8770

 

そうすることで

無意識と繋がり、ニ極の統合が起き、ワンネスが生まれる。

 

自分からその人を見るのではなく

自分よりも後ろから自分とその人を見る。

 

__________________________

 

 

昨日はホリモトさんとランチ!!!

誕生日、同じなの〜♪

 

 

__________________________

 

 

朝はパワーブレックファースト!!!

 

 

生活に絶対いるお金がアップし、収入が少なくなるかも・・・

__________________________

 

 

リンポチェ の本!!!