メールマガジン無料

山崎拓巳のメールマガジン(無料)
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

▼PC版メルマガ
『月曜日が楽しくなる 山崎拓巳通信』
登録(PC用Emailを入力)
解除(PC用Emailを入力)

▼携帯版メルマガ
『拓中毒』
登録(携帯電話用Emailを入力)
解除(携帯電話用Emailを入力)

「まぐまぐ!」から発行しています。

プロフィール


山崎拓巳
Takumi Yamazaki

1965年三重県生まれ。
広島大学教育学部中退。
20歳で起業。
22歳で「有限会社たく」を設立。
現在は多岐にわたる事業を同時進行に展開中。

現在までに40冊超、累計130万部のベストセラー作家。
主な著書に『やる気のスイッチ!』『人生のプロジェクト』『気くばりのツボ』『見えないチカラを味方につけるコツ』(サンクチュアリ出版)、『さりげなく人を動かす スゴイ!話し方』(かんき出版)。 日本のみならずアメリカ、香港、台湾、韓国、中国ほか、海外でも広く翻訳出版されている。

講演活動は、「凄いことはアッサリ起きる」-夢-実現プロデューサーとして、メンタルマネジメント、コミュニケーション術、リーダ ーシップ論など多ジャンルにわたり行っている。

アーティストとしての活躍の場も拡がり、国内外にて絵画展、Tシャツやバッグなどの展開も。
最近では、映画出演(「少女椿」)、作詞家活動(ムッシュDとのコラボ)、飲食店経営(タクメン@NY)等、あらゆる可能性にチャレンジを続け、今後更なる活躍が期待出来る。




○総合情報
・パソコン公式サイト
・山崎拓巳ファンサイト
・携帯公式サイト
・スゴコトスマホ版
・公式ブログ
・中国語公式ブログ
・英語公式ブログ

○Twitter関連
・公式ツイッター
・最新情報

○Facebook
・山崎拓巳Facebook
・山崎拓巳Facebookファンサイト
・やる気のスイッチ

○メルマガ
・『月拓通信』
・携帯メルマガ『拓中毒』
・メルマガ『拓本』
・LINE@『山崎拓巳通信』

○その他
・ニューヨークでお泊まりするなら♪
・レストラン「タクメン」


「月曜日が楽しくなる山崎拓巳通信」「拓中毒」など無料メルマガも配信しています!

問い合わせ先:
taku-staff@taku.gr.jp


S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

categories

Recent Entries

archives

mobile

qrcode

SUGOKOTO-タクモバイル


山崎拓巳のトーク番組「タクラジ」がポッド
キャストで楽しめます。登録はこちらから

2018.05.15 Tuesday

2018/05/15 6:41 パリに着きました!

 

パリに着いた・・・

 

 

ラクロアがプロデュースしているホテル・・・

 

 

ピカソ美術館は休館だった・・・

 

 

コレットは無くなった・・・

メルシーで待ち合わせ。

 

 

また、6月も頭に来るんだ〜♪

その時もよろしくね!!!

 

 

パリの街は

やっぱり好きだ。

 

 

色気があるんだな〜

 

 

やっぱり

パリが好き!

__________________________

 

ジャルがLCCをスタート

 

↓↓↓

 

https://www.traicy.com/20180514-JLlccbreaking

おぉー!JALが新しくLCC事業をスタートするようです。LCCの普及でドンドン海外へのアクセスは安価になっています。
下手な国内より海外が安かったりするくらいですし、サクサク海外に行って新しい物事に触れましょうー☆☆

LCCのキャンペーンがまとまったこんなサイトもありますよー(^^)
https://dsk.ne.jp/

__________________________

 

アランコーエンの言葉

 

↓↓↓

 

すべての行動は愛に基づいています。
愛を表現しているか、愛を求めているかのいづれかです。
 

愛を表現

愛を求めている

 

なるほど。

全ての行動がそれならば

一度、一度、検証ができる。

 

なぜ

あのとき

そう言ったのか?

 

なぜ

あのとき

そう動いたのか?  拓

__________________________

 

野田ッチLINEメルマガより

 

↓↓↓

 

時代と共に、一番は変わる!

 

日本の流通業は

1970年代の百貨店、

1980年代のスーパー

1990年の専門量販店(家電量販店など) 

そして、今では、アマゾンかドンキホーテになり

 

街の栄えも変わっていく、

1960年までは、炭鉱の街、鉄鋼の街、造船の街など

街ごとに産業があり、そのおかげで、人は暮らすことができた。

 

今、栄えているものは、いずれ衰えるもの。

次を見据えるしかない。

次は何か?それを見るには、今の一番ではないのは、確か。

__________________________

 

各地でお世話になっています!

 

 

ありがとうございます!