メールマガジン有料

メールマガジン無料

山崎拓巳のメールマガジン(無料)
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

▼PC版メルマガ
『月曜日が楽しくなる 山崎拓巳通信』
登録(PC用Emailを入力)
解除(PC用Emailを入力)

▼携帯版メルマガ
『拓中毒』
登録(携帯電話用Emailを入力)
解除(携帯電話用Emailを入力)

「まぐまぐ!」から発行しています。
スマホ版
【SUGOKOTO-タクモバイル】
「もっと山崎拓巳をひとりじめしたい!」
あなたへ!
http://sp.sugokoto.com/

プロフィール


山崎拓巳
Takumi Yamazaki

1965年三重県生まれ。
広島大学教育学部中退。
20歳で起業。
22歳で「有限会社たく」を設立。
現在は多岐にわたる事業を同時進行に展開中。

現在までに30冊超、累計120万部のベストセラー作家。
主な著書に『ひとり会議の教科書』『やる気のスイッチ!』『人生のプロジェクト』 『気くばりのツボ』『見えないチカラを味方につけるコツ』(サンクチュアリ出版)。 日本のみならずアメリカ、香港、台湾、韓国、中国ほか、海外でも広く翻訳出版されている。

講演活動は、「凄いことはアッサリ起きる」-夢-実現プロデューサーとして、メンタルマネジメント、コミュニケーション術、リーダーシップ論など多ジャンルにわたり行っている。

アーティストとしての活躍の場も拡がり、国内外にて絵画展、Tシャツやバッグなどの展開も。
最近では、映画出演(「少女椿」)、作詞家活動(ムッシュDとのコラボ)、飲食店オーナー等(タクメン@NY)、あらゆる可能性にチャレンジを続け、今後更なる活躍が期待出来る。


≪総合情報≫
公式サイト
ブログ
Facebook
Facebookファンページ
「山崎拓巳通信」LINE@
英語版
中国語版
ツイッター


「月曜日が楽しくなる山崎拓巳通信」「拓中毒」など無料メルマガも配信しています!

問い合わせ先:
taku-staff@taku.gr.jp


S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

Recent Entries

archives

mobile

qrcode

SUGOKOTO-タクモバイル

「もっと山崎拓巳をひとりじめしたい!」あなたへ!
【SUGOKOTO-タクモバイル】

SUGOKOTO-タクモバイル


山崎拓巳のトーク番組「タクラジ」がポッド
キャストで楽しめます。登録はこちらから

2017.04.10 Monday

2017/04/10 17:40 昨日は誕生日、カラオケ大会!!!

 

昨日はありがとうございました。

カラオケ・・・

楽しかった(笑)

 

 

52歳に

山崎拓巳、なりました!!!

 

 

みんな、いろいろと

ほんと、ありがとうございました。

 

 

カラオケ大会の様子を・・・

 

 

わっしょい!

 

 

わっしょい!(笑)

どっかにボク、います!

 

 

みんな、ゲイ達者!!!

 

 

あはは!

 

 

ブルゾン、驚いた!(笑)

 

 

一気、一気・・・

って学生じゃないんだから。(笑)

 

 

大笑いに

大笑い!!!

 

 

秋やんも誕生パーティー・・・

 

 

ありがとうございました。

 

 

川口さんもサプライズ、ありがとうございました。

冨貴井さんもジュリエットさんも・・・

ほんと、ありがとうございました。

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////

 

各地でおせわになっています!

 

↓↓↓

 

 

わお!

ほんと、ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

楽しかった〜♪

 

 

こよみ♪

久しぶり〜

 

三重に「石神さん」っていう

女性の願い事を一個だけ叶えてくれる場所があるんだって・・・

 

 

レッド!!!(笑)

 

 

佐々妙美さん・・・

ありがとうございました。

楽しかった!(笑)

 

 

 

気が合うんだよな〜

 

 


2017.04.09 Sunday

2017/04/09 3:24  少し、今から眠ろう・・・明日は朝からお茶アポ。そして、映画館に行って、そして・・・カラオケ大会!(笑)

 

 

無料!!!

 

↓↓↓

 

第4回目配信しました!ぜひ、聞いてください。

ベストセラー作家『山崎拓巳』とみんなで作る!Podcast番組

山崎拓巳Podcast【「大笑い拓巳組」山崎拓巳と愉快な仲間たち!!!】

goo.gl/ySQCI0

 

※上記URLをクリックして、「iTunesで見る」をクリック!「講読する」をクリックしてね。

※iTunes、Podcastで「大笑い拓巳組」と検索しても、番組が出てきます!

「登録」して聞いてくださいね♡

 

第4回目は、(和歌山県 Hideさん)からのリクエスト

「新しく知人になった人に、お願いごとを頼む時。どんな感じのコミュニケーションが取れると、「あ、親しくなれた」って考える基準ってどんな感じの時ですか?」

拓巳さんからのメッセージをお楽しみください。

 

【番組内容】

『拓巳さん!教えて〜!』あなたのリクエストに山崎拓巳がお答えします!

皆様から、頂いたご質問からピックアップして番組内でお答えしていきます。

海外、全国で講演されている拓巳さんが「あなただけ」の質問に答えてくれます。

プチセミナーのような豪華な内容になっています♬

山崎拓巳Podcast【「大笑い拓巳組」山崎拓巳と愉快な仲間たち!!!】の番組内で、あなたがリクエストした質問の答えが放送されるかも!?ぜひ、番組で確認してみてくださいね♬

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●山崎拓巳さんに質問したい方は、【山崎拓巳Podcast『大笑い拓巳組』質問フォーム】まで。

https://goo.gl/6MqaBt

 

Podcast番組についてのお問い合わせは、

タクミン(山崎拓巳とみんなで作るPodcast制作Team)

ateliersakuran@gmail.comまでご連絡ください。

※タイトルに「山崎拓巳Podcast」と入れてください。

 

__________________________

 

誰かの喜びを自分のことのように祝福しよう。

そうすれば、あなたの喜びもすぐにやってくるだろう。

 

.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*・゜+.。.:*

 

アラン・コーエンって素敵だな〜

アラン・コーエン・ジャパン事務局

http://www.alancohen-japan.com/

__________________________

 

 

【大反響】に驚いています。

と坪松さんのFACEに!!!

 

↓↓↓

 

5日に  ダイヤモンド社 から

『NHK  や テレビ東京』などで話題の、

私の兄(Tan Seri(Dr)小西史彦)を取り上げた本が発売!

 

無一文から大富豪に登りつめ、貴族の称号も与えられた人物が語った実話。取材した編集者の切り口、表現力が彼の経験体験からありのままが映し出され、一気に読みいりました。

 

「持たざる者」が、いかにして成功をつかみとり、充実した人生を手に入れるか・・。5年間の取材、100時間超の熱いインタビューによる「人生の極意」を凝縮した一冊です。

ビジネスに取り組んでいる我々に大きな勇気とビジネス訓及び人生訓を与えてくれることに……。

 

ダイヤモンド社サイト

https://www.diamond.co.jp/book/9784478028346.html

 

 


2017.04.09 Sunday

2017/04/09 1:07 いや〜♪ 52歳になりました。

 

いや〜

52歳になりました。

 

4月9日・・・

 

みなさま、

ほんと、ありがとうございます!

 

 

4月9日、

今日は渋谷で「カラオケ大会」です。

ヨロシクお願いします。(笑)

 

__________________________

 

昨日は札幌で

ほんと、ありがとう♪

 

 

めによう亭で飲んで・・・

 

 

ミーティングも最高だったよね?!(笑)

 

 

 

みんな、ありがとうございます!

 

 

カラオケも!!!(笑)

 

 

サプライズがサプライズでした(笑)

未来予想図2、素敵でした♪

 

 

これからも末長く、

ヨロシクお願いします。

 

 

大笑い!(笑)

 

 

ラブリーなプレゼントも・・・

中城さん〜♪

 

 

ケーキも素敵でびっくり!

 

 

ウッチーの誕生日と

命を祝えてよかった!

 

 

藤原聡子さん♪

朝、早くから・・・

山崎拓巳、感激!

ありがとうございました。

 

札幌から帰り、

速攻、マタタビ演歌、聴きに行きました。

 

 

とっきーと

パワー打ち合わせをして・・・

 

「ゴールドレッグ」の話で

盛り上がりました!!!

 

この話、

もっとしたいので

明日、映像を撮りますね!!

 

拓グループのみなさま、

乞うご期待を!!!

__________________________

 

各地でありえないぐらい

お世話になっています!!!!

 

 

マサカレーのステッカー、欲しい!!!

 

 

偶然?!

ありえない〜♪

 

 

嘘でしょ〜(笑)

 

 

人生ってものは

素敵です!

ほんと、ありがとうございます!

 

 

こっちも

もり上がっていますね!!!

 

 

オーストラリアも!!!

 

 

山口も!!!

 

 

四国でもありがとうございます!

 

 

フィリピンでも・・・

 

 

 

__________________________

 

 

ヤフー!ニュースに名前をだす!っていう今年の目標現実になったよ!

と友達から・・・おめでとう♪

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170407-00000105-nataliec-ent

手塚治虫「W3」が舞台化、ノンバーバルで全215公演のロングラン

関口満紀枝さん、

おめでとう!!!

 

これ、観に行きます!

一緒に行く方、いませんか〜

またまたメルマガで告知しますね!!!

 

 

宇宙初公演!
手塚治虫 生誕90周年記念

『Amazing Performance W3(ワンダースリー)』

■会場:2017年7月1日(土)〜 7月9日(日)
※全20公演
■公演日程:
2017年7月1日(土)〜7月9日(日)
※上演時間:70分を予定
■会場:DDD青山クロスシアター
 会場HP  
東京都渋谷区渋谷1-3-3
ヒューリック青山第2ビル B1F

team A
西島数博
フィリップ・エマール
川原一馬
椎原夕加里
松本ユキ子 

team B
藍 実成
坂口修一
梅澤裕介
石井 咲
関口満紀枝

Understudy
廣鷽緘

スタッフ
原作:手塚治虫 漫画 W3(ワンダースリー)
主催:Amazing Performance W3 実行委員会
  ・ニッポン放送
  ・読売広告社
  ・シーエイティプロデュース
  ・手塚プロダクション
  ・キューブ
  ・フラックス
構成・演出:ウォーリー木下

 

__________________________

 

 

 


2017.04.07 Friday

2017/04/07 19:04 今日は札幌・・・ 寒いな〜♪ まだ・・・

今日は札幌・・・

寒いな〜♪

まだ・・・

 

5月の連休で

桜が咲くのが北海道・・・

寒いっす。

 

なぜか

くしゃみが止まらない。

ま、まさか?!

怖♪

 

 

 

__________________________

 

今日が皮切りだ・・・

https://www.youtube.com/watch?v=C1iAi2yvSZE&t=4s

 

↓↓↓

 

 

実写版『攻殻機動隊』を見て押井守監督は何を思ったのか?

04.07 12:00

ギズモード・ジャパン

4月7日(金)から公開される映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』。今までに公開されている予告編では1995年の劇場用アニメ『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』をオマージュしたシーンも見受けられ、興奮が収まらない『攻殻』ファンの方もいるのではないでしょうか。 

今回は『ゴースト・イン・ザ・シェル』の公開を前に、本作に多大なる影響を与えた劇場用アニメ『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』、そして続編『イノセンス』を手がけた押井守監督にインタビューしてきました。 


***

生身の人間が肉体を通さないと表現できない 

 

――電脳や義体、ネット犯罪など時代を先取りしていた『攻殻機動隊』(以下『攻殻』)ですが、最近はVRやAIが身近な存在になり時代が少しずつ追いついてきているように感じます。そういった時代の流れの中で、今後の『攻殻機動隊』はどんな作品になって行くのでしょうか? 

押井守:いやーそれは誰にも分からない。ただ、バーチャルとかデジタルとかハッキングも、『攻殻』が作られた当時から概念としてあったんだよね。小説の世界では昔にやってたことばかりで、それが現実になったってだけの話です。デジタル社会の警告とか、テクノロジーの警告とか、僕は関係ないと思う。『攻殻』でやりたかったのはもうちょっと古めかしい事だから。20年どころか200年前から変わってないこと。 

要するに人間だけがなぜ身体を再確認する過程が必要になるのかとか。身体論だと思う。人間ってどう言う風に意識ができてるのか、本当に横にいる人間とおんなじ現実を見ているんだろうかとか、そういうことを誰がどうやって保証するのとか、だから人間が生きることのリアリティって本当はなんなのっていう。それは僕が『攻殻』に限らずずっとやって来たこととほとんど変わらないと思う。人間にしか興味ないから。だからテクノロジーやバーチャルに実際そんなに興味があるわけじゃないんだ。だからこそ、わりと冷徹に見てるのかもしれない。あまりそういうものに極端に希望を持ってないし絶望もしていない。

 

ただ実際、1995年の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』は時期的に攻めてたから、ちょっと早かったのかもしれない。そもそも士郎正宗さんの原作がなければあり得なかった話だけどね。あれを通過することで自分なりに読み替えただけだから。今回の映画はそれが随分整理された。“記憶を感知する”ということで決着つけちゃっていいんだろうかという。言っちゃえば哲学的には大幅に後退している。でもその分、人間が体を失うこととか記憶を失うことの意味を具体的な映像や絵面で説得しているんですよ。これはとても大きなことで、アニメーションにはできない。やっぱり具体的に生身の人間が肉体を通さないと表現できないよ。役者さんの身体がささえている映画であることは間違いないと思います。 

だからこそアニメーションはアニメーションでできることを考えるしかない。同じようなことはできないから。でも今は途方に暮れてるところ。自分がアニメを作る機会があるとしたら、結構な作品を完成させるっていう自信はあるんだけれども。それ以上のものにならないんだったらあんまりやる意味がないからね。でも『攻殻』や『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』でやったような、アニメで表現できる新しいテーマは今のところ思い付かない。今は正直ハリウッド映画の方が表現としては質・量ともに上というか、逆転しちゃったんだよね。だから今の日本のアニメーションがハリウッド映画とかアメリカ映画に与えるものは何もない。演出も含めて停滞してるんだよね。

映画自体がゲームに水をあけられている 

 

押井守:全然関係ない話なっちゃうけど、もっと言えば映画自体がゲームに水をあけられている。この2年間、ゲームばっかりやってきた結論として、これは映画ヤバイんじゃないって感じた。映画だと2時間で終わっちゃうけど、Fallout(核戦争後の地球を舞台にしたゲーム)は200時間やっても飽きない。終わらないし終わる必要もない。終わる必要がないってのは新しい形式だと思った。オープンフィールドの環境とキャラクターを用意すれば、あとは自分でストーリーを作れるからね。 

映像体験としても全然いいですよ。時間が進むと光も変わってくるし、雨が降ったり風が吹いたりさ。僕ならロードショーに3回行くんだったらゲームを買う。もちろん優れたゲームだけの話になってくるけど、それが形になっちゃったことがショックだった。かつては一生懸命映画の真似してるなーってくらいに思ってたんだけどさ。今は眼中にないよね。2年近くゲームをやってきた結論として、こういう危機感を持たずに映画を作っていいのかっていう気がした。 

だから、いい時代に映画作ってきたなぁと思うよ。あらゆることを体験したし、好きなことをやって来たしね。これからは作る人はそういうところが大変だよ(笑)。でもさ、余計思うんだけど今の映画っていろんな目先は変えられるんだけど、表現というレベルでは明らかに停滞してるよね。なんでもそうだけど結局デジタルってさ、目先はともかく表現の本質を変えなかったという気がしてる。だから映画にできることは何ひとつ変わっていないです。そういう意味で割とさ、冷たくというか突き放して見れるのは、僕がデジタル表現の人間じゃないからですよ。最近は80%、YouTubeしか見てないから。しかもYouTubeでゲーム見てるだけ。映画より面白いもん。みんな違うから。100人の人間がそれぞれ違う印象で席を立つっていうのを地で行ってんのがゲームなんだよね。100人が100人、違う物語を見てる。

スクリーンの世界にゴーストが吹き込まれている 

 

――今作は、『攻殻機動隊』シリーズの中でどういった立ち位置の作品になると思いますか? 

押井守:むこうのインタビューでも言ったけれど、今までの攻殻シリーズの中で一番ゴージャスな映画で。ゴージャスっていうのは金がかかっているっていう意味もあるんだけど、要するに情報量の話だよね。やっぱアニメの『攻殻』ってなんだかんだ言っても最後は言葉なんですよ。神山がやったのもそうだし、黄瀬がやったのもそうだけれども、言葉なしには成立していないから。自分の『攻殻』なんて盛大に喋ってる。本来アニメーションは情報量を補完するために言葉を導入せざるを得ないんですよ。 

だから実写の『攻殻』は決定的に違うんだよね。ハリウッドと日本映画の差とかそういうレベルじゃなくて。やっぱり役者さんに支えられてるのが映画の王道なんだよ。アニメーションとは原理的に違う。だから映画はアニメーションの表現力には永遠に追いつかない。ただ、良さもある。やっぱりスカーレットが演じた素子はスカーレットだった。他の何者でもない。アニメーションは違う。ゲームと一緒で、100人がみたら100人がみて成立するのがアニメーションなんで。そういう原理的な違いがある。

 

どちらが鑑賞大会でゴージャスかって言ったら実写映画でしょ。あれもこれもさ、見たいシーンいっぱいやってるじゃん。でもそれはどうでもいい。トータルの印象で世界観で圧倒しようっていう意思があるかどうか。それはブレードランナーみたいなもんだよね。近未来モノをやる上で一番避けて通れない生々しい臨場感とか、架空の世界のリアリティとか。だから今回のはそう言うのに真っ向から挑んだ作品でもある。でもブレードランナーほどうまく言ってるわけではない。なぜブレードランナーがうまくいったかというと、お金がなくて、CGに頼れなかったから知恵を使った。映画ってのは面白いもんで知恵を使わないと本当に良くならない(笑)。金をかければなんでもできると思ったら大間違い。でも今回のはそれとはまた違ったレベルで勝負してる。 

結果的にそうなったのか意図してかどうかは別として、今作はスクリーンの世界にゴーストが吹き込まれている。僕に言わせれば相当奇妙な映画だと思うよ。 

まあ僕は余計なとこばっか見てるから、正直なところ、見終わった後にこれ大丈夫なのかと思った。でもたぶん、普通のお客さんはそういうの気にしないし、スカーレットを見続ければちゃんと終わる映画です。そのへんがハリウッド映画の良さでもあるし、強さでもある。本当にすごいことをやってます。やった人間は気がついてないかもしれないですよ。やっぱり面白いね。お金をかけるととんでもないことになるなって。もし意図せざる効果だとしたら、それはやっぱり物量だけじゃなく質で勝負した、質と物量を両方共成立させようと思ってやった結果なんだよね。だからこそ、こういう技術的な冒険ってのはどんどん向こうでやってほしいね。その成果がしっかり見届けられるように。 


*** 


映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』を「奇妙な映画」と評したのが印象的だった押井守監督。今作は漫画/アニメでの『攻殻機動隊』というフレームの中では実現できなかった、新しい表現のステージに立っているのかもしれません。

 

 

出典: YouTube

パラマウント・ピクチャーズ(日本版) 


映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』は4月7日(金)より全国ロードショー。 

photo: ギズモード・ジャパン編集部image: (C) MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.source: 映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』公式サイト, YouTube 
(K.Yoshioka)

 

 

↓↓↓そこで質問です!

 

1)Fallout(核戦争後の地球を舞台にしたゲーム)は200時間やっても飽きない。

ってどんなゲーム?!

会ったとき教えてください。

もしくはメッセンジャーでヨロシクお願いします。

 

2)ブレードランナーなんだって言っているけど、

みんな、みた?!

ブレードランナー2がやってくるね・・・

 

__________________________

 

アニメ版・・・観た?!

https://www.youtube.com/watch?v=MY8qEFdNqDg

__________________________

 

各地でお世話になっています!

 

 

フィリピン、暑いね!!!

熱い!厚い!!!

 


2017.04.06 Thursday

2017/04/06 23:20 この地球にはいろんな魂の段階の人が住んでいるから 学びの場となるんだな〜と納得。

 

帰り着きました!(笑)

 

ふ〜

ふ〜

ふ〜

 

修行だった。(笑)

 

最終のバスで新宿まで行って・・・

それからタクシー。

 

焦ってticketを買おうとしていると

外国のおばちゃんが中途半端に並んでいて

「並んでらっしゃいますか?」と尋ねる・・・

すると「あなたはなによ? みればわかるでしょ」的なご返答。

 

この地球にはいろんな魂の段階の人が住んでいるから

学びの場となるんだな〜と納得。

ありがとうございます!

 

天才的にいつも明るく生きれるようにと次々に課題が来るものです。

 

 

コーチングノートの

まず、自分を因数分解する!をやってみてください。

 

自分個人でもあり、

男でもあり、

母からみると息子で・・・と

自分を役割別に見ていくだけで沢山の発見があります。

 

そして・・・

それごとの夢だったり、役目だったりを

あぶり出すってことを飛行機の中でまたやりました(笑)

 

コーチングノート・・・

http://grandline.xb.shopserve.jp/

 

書き込むだけで

自分が誰かわかり、変化し始める。

書き込むだけで、

今の自分の状況がわかり、未来が変わり始める。

1,296円(税込)

 

やってみてください。

なんか、思ったものとは違うことが出てきて

ひとり、感動しました!(笑)

 

LISAが桜風景をアニメ風にして送ってくれた。

あ〜

日本の飯が食べたい。

腹が減っている。

 

(笑)

 

]

 

 

友達からのメッセージが届きました!

 

↓↓↓

 

 

5月3日(水・祝)に、友人たちと一緒に、糸島で第一回目の「野外映画祭」を開催します。

糸島には映画館がなく、子供たちにも大きなスクリーンで、しかも野外で心に残る映画を見てもらいたい!大人もワクワクする心を!そして新しい文化を作りたい!という想いで始めるイベントです。

イベントを行うにあたり、大型のスクリーンなどの購入や映画の上映権取得のために、現在クラウドファンディングを行っています。(4月9日まで)

https://camp-fire.jp/projects/view/12386
 

__________________________

__________________________

 

各地で位世話になっています♪

 

 

 

フィリピンだ!!!


2017.04.06 Thursday

2017/04/06 20:49 ほぼ二日じゃん。

 

とほほ・・・

とほほ・・・

 

なんと

飛行機は遅れ、

12時間遅延。

 

信じられない。

トータル40時間弱。

ほぼ二日じゃん。

 

これまた

意味があることなんでしょ。

あと1時間で着くのかな?

 

__________________________

__________________________

 

野田ッチメルマガより

 

↓↓↓

 

『人間が不幸なのは、

  自分が幸福であることを

   知らないからだ。

  ただそれだけの理由なのだ。』


  (ドストエフスキー)
 

はい!

受け入れます! 拓

 

 

 


2017.04.06 Thursday

2017/04/06 4:57 あ〜 なんだ、これ〜

 

登場から5時間が経った。

なんと、飛ばない・・・

一度、飛行機を降りて今、ラウンジだ。

 

なんなんだこれ。

怒りを誰かに向けても

意味がないので・・・

やり場を探しているのです。

 

あ〜

5時間以上、遅れる・・・

ということは

夜の麻布十番のオフィスの集い、

遅れるな〜

 

あ〜

 

 


2017.04.05 Wednesday

「やる気のスイッチ実践セミナー」が北九州に!!!

 

 

ベストセラー作家 山崎拓巳さんの「やる気のスイッチ実践セミナー」が北九州にやってきます(≧∀≦)
これは...滅多にない企画(*^^*)
お仕事や子育て、人生のヒントがいっぱいの やる気のスイッチ実践セミナー\(^-^)/


■日時:
4月11日(火)19時より
■会場:
北九州国際会議場21会議室
http://www.convention-a.jp/kokusai-kaigi/
■チケット:
1500円(当日2000円、尚 チケットが完売しましたら当日券は ございません)
■お申し込み・お問い合わせ:
kyoko.niizono@i.softbank.jp 新園まで
(会場への直接のお問い合わせは ご遠慮ください)

尚、チケットのキャンセルはお受けできませんので ご了承ください。

また、お子様の御入場もご遠慮ください。
 


2017.04.05 Wednesday

2017/04/05 21:20 ダラスでトランジット・・・ここは朝の7時半・・・

 

 

「ミニストップ」に

これがあるって・・・

 

 

ちー、ありがとうね♪

__________________________

 

今、

サンパウロを出て、ダラスまで来ました。

ここで5時間のトランジット・・・

あと3時間ほどある〜

__________________________

 

ブラジルでの

過ごした時間、濃厚だったな〜

 

 

イタリアンも美味しかった!!!

 

 

カルバンクラインのみんなも最高!(笑)

 

 

ルイス!!!

またね(笑)

__________________________

 

 

各地でお世話になっています!

__________________________

 

 

 


2017.04.05 Wednesday

ニューヨークでセミナーやります!!!『やる気のスイッチ!』!!!

山崎拓巳

ニューヨークでセミナーやります!!!


+ やる気はあるけど、続かない人。
+ 昨日のやる気を、今日出せない人。
+ やりたいことはあるけれど、初めの一歩を踏み出せていない人。

 

夢を叶えたい方、『やる気のスイッチ!』セミナーへ是非ご参加ください!

日時
5月13日(土)
14:00open
14:30start
16:30サイン会

英語同時通訳付き

場所は
ヘラルドスクエアから徒歩3.4分。30&broadwayの角です。
1214 Broadway 2nd floor
grind
(30st沿の1216 Broadway玄関から入り右手ドアから二階へ上がってください。)

参加費: $30

懇親会
18時から
参加費: 80ドル
先着8名様
(懇親会ご希望の方は下記メールでお知らせください。)

申し込み: 
金子仁哉
contact@onepeacebooks.com